パソコンの使用で疲れている腕をケアーしないと酷い目に・・・

AdobeFlashPlayerをダウンロードする

動画ファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Flash Player(無償)が必要です。Adobe Flash Playerをインストールすることにより、動画ファイルの閲覧が可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Flash Playerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。


投稿日:2015年7月22日 | カテゴリー:肩こり

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

姫路市と揖保郡太子町の慢性肩こり専門整体院「岡本整体院」代表の岡本です。

 

今年も梅雨明けしました。が・・・今日明日と雨予報ですね。

ただ日差しがない分気温が上がらないのでいい感じですが(^o^)

夏らしく晴れて気持ちよく過ごしたい!これが本音です。

 

さて今日は「パソコンの使用で疲れている腕をケアーしないと酷い目に・・・」というお話です。

 

腕の肘から手にかけての部位、これを前腕というのですが、

この部位は「パソコンの使用」や「荷物を持つ」事で疲れます。

 

上記の二つは有名なところですが、この行為をしていない人は今の時代少ないですよね。

 

パソコンを使用することが当たり前になりすぎているので

本当によく疲れています。

 

また肩こりにも深く関与するので達が悪い。。

ただ、この前腕は「疲労」を感じにくい部位なんです。

それゆえに「疲れに気づく」きっかけになるのは指や手首などに激痛を感じてから

なんてことはよくあります。

 

腱鞘炎、キーボードフィンガーなどがその代表格です。

 

激痛にならないためにも「疲れ」という自覚がなくても

ストレッチを行ったりすることが大切になってきます。

 

ただ根本的に筋力が低下してしまって症状が出る方は

簡単なトレーニングで筋力UPすることをお勧めします。

 

今日の動画はその簡単なトレーニングで腱鞘炎やキーボードフィンガーを予防する

トレーニングを紹介しておりますので是非筋力UPしていただき

辛い症状にならないようにしていきましょうね!

 

 

ご予約は「電話で」どうぞ!

 

岡本整体院クーポン