背中の筋肉、これが疲れると肩こり腰痛になる

投稿日:2016年11月28日 | カテゴリー:お知らせ > 肩こり

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

姫路市と揖保郡太子町の慢性肩こり専門整体院「岡本整体院」の岡本(整体師・スポーツトレーナー)です。

 

冬になってきましたよね。

寒いと思う日が増えてきましたし日の入りが早い!!

11月も終わりが近くなってきました。今年もあとひと月頑張りたいと思います。

 

さて今日は「背中の筋肉、これが疲れると肩こり腰痛になる」というお話です。

 

11月も終わりに近づくと「晩秋」というよりは「初冬」という感じです。

朝や夜の冷え方は「冬」を感じたりしますよね。

 

その寒さで通勤時間は「背中を丸める」と冬特有の姿勢をしている方を

多く見かけます。

 

この姿勢が実によくない・・・

 

背中を丸めることで腰や肩の筋肉に負担がかかり

「肩こりや腰痛」を感じやすくなることをはじめ、

足がむくみやすくなったり、末端への血液の流れを阻害し

冷えを感じたりします。

 

肩甲骨が脊柱から離れていくので

背中の筋肉が収縮することが少なくなります。

そうなると背中の筋肉は弱りはじめ、

逆に胸の筋肉は「収縮位」を保ってしまうので疲れます。

 

こういった姿勢が1週間も続くと、

肩こりがひどくなったと感じたり、

ぎっくり腰になりやすくなったりします。

 

そこで大切になるのが「予防」「ケアー」です。

 

外出時はしっかりと防寒したり、

帰宅後には肩甲骨の真下に枕や座布団を敷いて

仰向けで万歳した姿勢で1~2分胸や腹筋をストレッチしましょう。

 

入浴も長めに行い「血流の改善」や筋肉を緩めることを

行うことをお勧めします。

 

簡単なことでも毎日こまめに行うことで

症状が悪化する確率は下がりますのでぜひやっていきましょうね。

 

そして「楽しい年末年始」を迎えましょう。

 

ご予約は「電話で」どうぞ!

 

岡本整体院クーポン