中殿筋をストレッチして腰痛を解消しよう!

AdobeFlashPlayerをダウンロードする

動画ファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Flash Player(無償)が必要です。Adobe Flash Playerをインストールすることにより、動画ファイルの閲覧が可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Flash Playerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。


投稿日:2016年2月5日 | カテゴリー:お知らせ > 腰痛

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

姫路市と揖保郡太子町の慢性肩こり専門整体院「岡本整体院」の岡本です。

 

*昨年末から告知しています「ピラティス」

興味がある方は是非ご連絡くださいね。

 

札幌の雪まつりが始まるんですか?

幼いころから一度でいいから行ってみたいと思いながら

全然いけていない。。

あの迫力をテレビ画面ではなく、現場で見て観たいですよね。

 

さて今日は「中殿筋をストレッチして腰痛解消!」というお話です。

 

中殿筋のといわれてもピンとこない方もおられますよね?

 

この筋肉は立っているときの「やすめ」の姿勢などでよく使っています。

街に行くと信号待ちで男女問わず、あちらこちらに「やすめ」をしている方がおられますよね。

 

本当の「やすめ」の姿勢というのは、足を肩幅ぐらいに開き

両足に均等に体重を乗せた状態のことを言うのですが、

現代人がイメージする「やすめの姿勢」は上記のほうが思い当たると思います。

 

この立っているときの安めの姿勢は、座るときにも影響します。

安めで体重を乗せている方のお尻に座っているときに過度に体重が乗り

総合的に見て腰痛を招き、体の歪みが生まれます。

 

骨盤の歪みから「足の長さが違う」というのも

実は「やすめ」の姿勢の癖に原因があるのです。

 

腰自体もバラランスをとるために片方の筋肉が縮こまり」

これが癖になり、じわじわ筋肉のダメージを与え

やがて「腰痛」というぐわいになるんです。

 

今日はこれを回避するためにもぜひやってほしいストレッチです。

 

腰の限らずですが、ストレッチをすることで「左右」の感じ方が違うことに気づくことができます。

 

その違いを感じ「疲れている筋肉を把握すること」これも大切です。

 

自分の筋肉が「バランス悪い」事に気づくこと、

これが健康への第一歩ですよ。

 

ご予約は「電話で」どうぞ!

 

岡本整体院クーポン