寒い季節は肩が「前方に巻いて」肩こりを感じます。

AdobeFlashPlayerをダウンロードする

動画ファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Flash Player(無償)が必要です。Adobe Flash Playerをインストールすることにより、動画ファイルの閲覧が可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Flash Playerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。


投稿日:2016年1月13日 | カテゴリー:お知らせ > 肩こり

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

姫路市と揖保郡太子町の慢性肩こり専門整体「岡本整体院」の岡本です。

 

*岡本整体院からのお知らせ

今月から「ピラティス」を始めます。

子育てで崩れてしまったボディーラインそこから「姿勢美人」を目指しませんか?

ご連絡お待ちしてます。

 

連日寒いですね。やっと冬らしくなってきました・・・が

やはり寒いのはきついですね( ゚Д゚)

ただ、鍋はおいしいですよね。私はちゃんこ鍋が好きです。

 

さて今日は「寒い季節は肩が「前方に巻いて」肩こりを感じます」という動画です。

 

年明けの「暖冬」の漢字はみじんも感じないくらい冷え始めました。

というよりは1月本来の寒さになってきたといった方がいいかもしれません。

 

この寒さ、実は体にとても悪影響を及ぼします。

 

外出時に肩をすくめ、背中を丸め、寒さをしのごうとします。

その寒さが一日ぐらいのことならいいのですが、

冬は毎日寒いものですから、毎日毎日「肩をすくめて、背中を丸めて」生活することになります。

 

その結果、「常に肩をすくめて、背中を丸めている」姿勢をして生活することになり、

肩や背中、腰やおなか、脚の筋肉農動きがアンバランスになり、

ある筋肉は疲れ、ある部位の筋肉は弱って、肩こりや腰痛を感じやすくなってきます。

 

いや、感じている人は確実に増えますね。

 

でも、その症状を緩和させる方法や「予防する方法」を知らなければ

ただただ「寒い季節中」肩こりや腰痛、首の痛みなどを感じながら生活していかなければ

ならなくなります。

 

それどころか30代を過ぎた女性は「筋力の低下かから夏でも」その姿勢のまま

生活し、症状が慢性する方もおられます。

 

そうならないためにもしっかりと予防、対策をしないといけません。

 

安心してください。難しいことをやってほしいとは言いません。

 

ただただ「簡単なストレッチ」を毎日こまめに行うだけで

いいのです。

 

やるとやらないでは一週間も続ければ全く違う結果が

体感できると思います。

 

今日の動画

 

背中の筋肉を収縮し、大胸筋をストレッチできる方法です。

背中の筋肉の緊張も緩めることができ、

巻き肩には効果的です。

 

寒いこの季節にはもってこいのストレッチです。

ぜひやってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

ご予約は「電話で」どうぞ!

 

岡本整体院クーポン