腰痛を感じている人に夜やってほしいストレッチ!

AdobeFlashPlayerをダウンロードする

動画ファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Flash Player(無償)が必要です。Adobe Flash Playerをインストールすることにより、動画ファイルの閲覧が可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Flash Playerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。


投稿日:2015年1月9日 | カテゴリー:お知らせ > 腰痛

当院のホームページをご覧頂きありがとうございます。

姫路市と揖保郡太子町の整体「岡本整体院」代表の岡本です。

 

1月になると寒さにも幾分慣れて外出しようかなーと思います。

来週は成人式、そして姫路総社のエビスサンです。

エビスサンは毎年行っていますので今年も行きたいと思っています。

 

今日は「腰痛を感じている人に夜やってほしいストレッチ!」という動画です。

 

学生のころは「痛みやコリ」を感じても寝て起きたら「回復」していたのに今は・・・

と思っておられる方は多いです。

 

ではなぜそうなるのか?

 

これは簡単です。

筋力の低下が原因ですね(^o^)

 

人間というのは「食事」「睡眠」と同じぐらい生活の中に「運動」というのが必要なんですが、

現代人はあまり好んで運動をしません。

 

◆腰痛と筋力低下?

 

筋力低下すると疲労から回復をしにくくなります。

腹筋や背筋の筋力低下は腰痛を感じやすくなる原因になります。

 

◆回復力が弱っている

 

回復力が弱ってきているのに「ケアー」をしないと疲れは蓄積していく一方、

その疲労の積み重ねが「ぎっくり腰」であったり慢性の腰痛や肩こりになる。

 

でも自分は「生活の中で疲労の蓄積」に気づいていないので

「ある日突然痛みがひどくなった」と訴えるのです。

 

これを回避するのは自分でセルフケアーをすることです。

すでに生活に取り入れている人は分かると思いますが、

足でも腕でも左右で疲れ方が違う・・・そのことに気づけるのです。

 

◆それに気づくと何がいいの?

 

それは「自分の体の使い方の癖」を理解できる事に尽きます。

例えば「右足に比べて左足の方が柔軟性がない」と気付いたなら

時間をかけて柔軟性を同じようにしていけば体のバランスが良くなり、

疲れにくい体を作っていけるのです。

 

◆大切なのは自分の体の状態を少しでも知ること。

 

ストレッチをすることで「あれ、腰が痛いな?」「体が曲がらなくなったな」と

自分の状況を知ることで「少し柔軟性をつけるぞ!」なんて目標が出来ます。

 

目標が出来ると「継続」しやすくなるので「習慣化」しやすくなるんです。

自分の体が「学生のころと違う」ということに気づいてくださいね。

 

◆やり方は

 

動画で詳しく説明しています。

良くご覧になり「腰痛を改善」していきましょう!

 

 

 

ご予約は「電話で」どうぞ!

 

岡本整体院クーポン